引越し業者に頼んで引っ越しをしました

引越し業者に要望しました。
引越し作業に習熟したプロに要請した方が、無事だと思ったのです。
にもかかわらず、家具に傷を付せられました。
このような傷が付せられたら、保障はきちんとしてくれるのでしょうか。
泣き寝入りいたさぬように、しっかりと償って頂こうと思います。
上京して初めて一人で生活することになりました。
この時、荷物と言えるような荷物もあまりなく、あれこれ検討しましたが、ヤマト運輸の宅急便で引っ越すことに決めました。
全部でダンボール数個分の荷物があるだけでしたから、引っ越し業者の利用よりも格段に安く済みました。
布団のように、かさのあるものは向こうで新品を買うつもりでしたのでこういった方法もとれたのでしょう。
引っ越しの手順は、うっとうしいことばっかりだなと考えていたら、水道の開栓は電話でも可能だそうです。
たいそうな話ではないかもしれませんが、なぜだか、非常に嬉しいです。
嬉しいついでに、いつ電話すればいいのか調べてみると、3〜4日前までにと、書いてあるのを見ました。
早々に、電話してみます。
他のことと同じく、引っ越しで大事なのは段取りです。
大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、当面使わないものから梱包しましょう。
日用品は取り除けておき、それ以外を用途や種類で大まかに分け、順次ダンボールに詰めましょう。
ダンボールの表面に何が入っているか書いておけば荷物を開くときに役立ちます。
引っ越してすぐ使う、電気やガスや水道などの転出入手続きも日程を考え、計画的に取りかかりましょう。

安い引っ越し業者の口コミランキング!おすすめ業者はどこ?【本音評価】