遺品の着物を手放すときには?

先日のことですが、祖母の遺品である着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。
着物を着る機会が少ない身内ばかりで、ただタンスの奥で眠らせておいても着物の価値が目減りしていくだけだし誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。
いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。
どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。
着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、査定依頼するときは注意しましょう。
私が見聞きしたところでは、着物の出張査定を頼んだだけなのに、事前連絡なしに家にやってきて、着物と一緒に貴金属類まで買い取ろうと長時間ごねるといったことがあるのです。
詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。
警察に古物商の届出を出しているような業者なら、そういった心配は不要でしょう。
古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方もこれから増えていくでしょう。
着る機会はないし、捨てるのもどうかと思いますし、買ってくれる人がいれば売りたいですね。
その中で、着物の買い取りを考えているなら、専門店の一つまずは友禅市場に問い合わせてください。
送料と査定料がかからないことは大きいと思いますね!見積りだけの利用もできますね!着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずはこの店のことを調べてほしいと思いますね!一般的に高価な和服。
買取業者で処分する際も、きちんとした専門業者さんに依頼しないと、大損なんてことになりかねません。
よくある和服買取業者への苦情といえば、相場を無視した安値とか、宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。
事前に業者のクチコミなどの情報収集をし、吟味した上で査定を依頼し、それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、双方の思い違いも解消できるので、安心です。

宅配買取は難しい?無料でお得に着物買取!【査定もスムーズ】