アンプルールの開発者・高瀬聡子医師ってどんな人?

美白など「効果が実感できる」と評判の化粧品「アンプルール」。
このアンプルールの開発者は、高瀬聡子さんという皮膚科医です。
高瀬さんは1995年に慈恵医大を卒業後、皮膚科医として慈恵医大附属病院で勤務医のキャリアを積まれます。
しかし、その6年後、「アンプルール」を開発。
その4年後の2007年に開業にこぎつけます。
若くして皮膚科の第一線に躍り出た高瀬医師ですが、美しい肌を得ることによって女性に幸せを届けたい、というシンプルな想いが化粧品開発の原点だと語ります。
美しい肌を得れば、女性は満ち足りた表情に、内側からの輝きが解き放たれる。
肌を美しくよみがえらせれば、女性たちの人生も満ち足りたものになるだろうと、考えられたのです。
アンプルールクリームAOに美白効果はあるのか?【アンプルールQ&A】